忍者ブログ
駆け出し同人サークル「ジャグラヴァク」の活動ブログ。 及び、サークルメンバーの日常記録。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
幽霊とか心霊とか結構好きで
普段からよくそういう番組とかも好んで見てるんだけど
ある日、中古屋でそういう類のDVDが売ってあったのを見つけた

値段もかなり安いし1本くらい
と思ってそのDVDを衝動で買って
それを帰って見たんだよね

その内容が心霊写真を特集した番組だったんだけど
その中の一枚の写真にふと目が行った
っていうのもその番組では写真にの右下に人の顔が写り込んでるんだけど
自分にはその写真の左上にも顔が写ってるように見えた
でも番組に出てる人とか誰もそれに気付いてなかったんだよね
変だなぁと思いつつも、まぁいっかと特に気にもしなかった

で、それから一年後の夏
ひょんなことから友達と集まって怖い映画とかビデオを見ることになったんだけど
たまたまその中に、自分が衝動で買ったあのDVDがあったんだよね
これ既に見たよ。とか思いつつも皆と一緒にそのDVDを見ることになったんだ

で、ついに例の写真の特集まで来たんだけど
問題のあの写真には自分が見た顔が写ってなかったんだ…
PR
 本格的に漫画家を目指すにおいて、自分の描きたいものって何だ?と
あれこれ色々悩んでみた。
んでまず、自分が好きなものってどういうものだ?って考えてみた。

まず、自分はどういう基準で漫画を買うのか、
どういうものを気に入るのか。
で、本棚を眺めてた。
そういや、自分って絵から漫画に入るよなぁ。
全部がとは言わないけど、絵が気に入って好きになる漫画が多かった。
こんな絵が描きたい。こんなかっこいいシーンが描きたい。
叫びながらバトルしてる主人公がかっこいいこんなの描きたい、
って思って気に入ることが多かった。

だからなのか、最近気に入って買った漫画が
2,3巻くらいしたら飽き始める。
(勿論、今でも絵から入って好きなマンガやゲームはある)

漫画では特に、小畑健(&大場つぐみ)の漫画は絵も話も面白くて、
っていうか自分の好みで「ヒカルの碁」からずっと集めてた。
まぁそれは置いといて

じゃあ逆に、内容から好きになった作品って何だろうって考えてみた。
そしたら、「スクールランブル」とか「とらドラ!」、
最近なら「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」みたいな
ギャグ要素が多くて笑えるような
言うなら、恋愛ギャグコメディ漫画。
これが自分の好きな話だなって思う。

ただ今までそれとなく恋愛系の漫画は描いてきたけど、
何しく自分にギャグセンスがないから
淡々と始まって淡々と終わる
何ともメリハリのない漫画しか描けてないのが現状。

もっと自分が活発で皆を楽しませれるような明るく人に好かれるような性格だったら、
もっと面白い漫画が描けてたんだろうなぁと思う。
そこらへんがすごく悔やまれる。


さて結論を述べると、自分の描きたいものが何かと考えた時に
描きたいものが全然種類の違う2種類に別れてることが考えてみてわかった。
そしてきっとこれが自分の描きたいものが定まってない原因でもある。
しかしながら、この二つどちらを選んだところで、
話を考えられることができるとは全然思えない。

 絵ばかり見てきた今までの人生をとても呪いたい・・・
 この前、ツイッターのフォロワーさんからお勧めの漫画を教えてもらったので、
さっそく本屋へ探しに行きました。

「JUMP SQ Comic Selection Vol.2

http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=978-4-08-870018-2&mode=1

作品概要としてはジャンプSQの新人漫画賞の優秀作を集めた単行本となります。

現在単行本2冊出てるみたいなのですが、
本屋に置いてあったのがVol.2しかなく
Vol.1を買うことができず、しぶしぶ一冊だけ買いました。

中に載っている漫画は、さすがジャンプというか
漫画の世界観がしっかりしていて、尚且つどれも独特でなかなかよかったです。

やっぱり世界観って大事だなと思ったのと、
現代モノばかり描いて、世界観もへったくれもない私には
やはりジャンプ向きではないなとも思いました。

またVol.1も見かけたら買いたいと思います。
興味を持った方は手に取ってみてもいいと思います。


今後の自分への課題としては、天からのお告げにもあったように
キャラをもっと魅力的に(特に女の子)描けるよう頑張りたいです。
(前も同じようなこと書いた気がするけど気にしない)


一日過ぎてしまいましたが、皆さん関西コミティアお疲れ様でした。
遠いところからわざわざ来てくださった方々、
冊子を手に取って頂いた方々、
ほんとうにありがとうございます。

私自身、オリジナルで出すのは初めてだったので
最初どうなるかわかりませんでしたが、やっぱりなかなか難しかったです。
宣伝の仕方として一目見てどういう内容かまずわかってもらわないといけないので
表紙がどれだけ重要になるのかを痛感させられました。

あと、私の作品なんかは漫画ですから、
サンプルページを大きく印刷して出して
少しでも内容に目を触れて頂けるようにしないいけないなど
反省点が色々です。

オリジナルは売れにくいと思われがちでしたけど、
わかめとか見てるとそういうわけでもなさそうです。
なんかなかなか悔しいものがありました。
今回の失敗を次に生かしたいです。

ここに来て痛恨のミス!!?
早期募集に応募することでイベント参加料を安くできるComiCon京都 Winter
早期応募締切が既に過ぎているではないか!!!

課題とかコミティアのことで頭がいっぱいで
チェックするのを忘れていた
ミスったぁ…これは痛い…

さて、どうしようか
とりあえず、通常参加募集の締め切り
2010年11月30日(必着)
となっているのだが…
参加料が安くならなくなったこれに参加するべきか否か
いや、通常にしても、コミティアとかと比べれば断然料金は安いのだが、
だがしかし…うぅむ これは惜しい

後期の課題など色々併用するのに余裕を持たせるのに
ちょっと日をずらして
2011年2月13日ComiCon京都in勧業館74のほうに参加するべきか
これはまた相談しなくてはな
ちなみに2月の方の早期募集締め切り
2010年11月30日(必着)
となっています。



忍者ブログ [PR]
カウンター
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
ジャグラヴァク
年齢:
7
性別:
非公開
誕生日:
2009/06/01
自己紹介:
  †

メンバー紹介
ウネタマ(社長と清掃員)
ポポルス(ドスケベ課長)
わかめ(開発部部長)
あおただ((蟲)エリート社員)
サカズキ スダマ(秘書諸々)
最新CM
[04/28 ,]
[11/19 あおただ]
[10/20 ポポルス]
[10/20 ポポルス]
[10/18 嵬 魑魅]
社長室
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析